うみねこのブルース

わたしたちは自由だからブルースだって歌ってやる

父の日にプレゼントをあげたことがない

今日は何の日フッフ〜♪(知ってる人は知っている)

 

本日は、私の住んでいる地域のびんゴミの日でした。

月に1度のこの機会逃す訳にはいきません。決して悪いことをしている訳ではないのですが、昨夜こそこそとびんを捨てにいきました。ミッションコンプリート。ゴミを出しそびれることなく出す、それだけで清々しい気分。

 

 

 

そんなことはさておき、明日は何の日でしょうか?

そう!父の日ですね。

 

f:id:uminekoblues:20180617112504p:image

 

今年2018年の父の日は 6月17日(日)ようですが、基本的に6月の第三日曜日を父の日と定めているようです。世界的に見てみると、父の日の日取りにかなりばらつきがあるようですが、一番この6月の第三日曜日が全体的にみても一番多いようです。

 

 

 

父の日が近いということで、数日前からお父さんにまつわるコーナーなんかをテレビではちらほら見かけます。記憶に残っているものだと、「お父さんは好きですか?」という質問を街中の女の子達に投げかけるというもの。

 

 

うみねこの予想に反し、「お父さん大好き〜!!!」と答える女の子の多いこと多いこと・・・。すごく良いコーナーだな、と思いました。(終盤はちょっと涙ぐんでました。父親を愛する娘、万歳!)

 

それと同時に、素直にお父さんが大好きと言える人は素敵だなと思ったこと、そして羨ましいな〜と思いました。

 

 

 

 

自分はどうか。

 

うみねこは人生で一度も父の日に改めてプレゼントをしたことがありません。

 

父の日以前に、いままで改まってプレゼントを渡したことは、父親の誕生日にもありません。

 

 

わたしの父親は非常に厳格な父で、お堅い職業に就いており、ユーモアがあまり通じないタイプの人間です。テレビは基本NHK。民放のバラエティなんてもってのほか。

母との会話はタメ語ですが、父との会話は物心がついた頃から基本的に敬語でした。

 

 

 

自分の父親との関係に似ているように強く感じたのは、2004年に放送された『僕と彼女と彼女の生きる道』というドラマに出てくる主演の草彅剛が演じる父親と美山加恋ちゃんという子役の演じる凛ちゃんという娘の関係です。

 

僕と彼女と彼女の生きる道 [DVD]

僕と彼女と彼女の生きる道 [DVD]

 

 

そのドラマの中では、後半になるにかけて父親と娘の関係は二人で暮らしていくにつれ、どんどん良くなっていくのですが、序盤の“この人は父親なはずなのに話をするのに緊張してぎこちなくなってしまう”というのが自分と父親の関係にそっくりだなと感じながら見ていました。

 

 

 

結局いままで自分のお金で買って渡したものは、お酒くらいしかありません。笑

その他に物をあげたことといえば、旅行に行った時や仕事で海外に行った時などに現地のお酒を買って、お土産として渡したくらい・・・。

 

 

私がすごく薄情な人間に思われてしまうかもしれませんが(そういう面も現に少なからずありますが)、そもそも改まってプレゼントするというのをどんな顔でしたらいいかわからないのです。

 

 

 

 

結婚するにあたって、そんな厳格な父親とかなりのバトルを繰り広げました。

 

結婚相手には釣書(仕事でいう履歴書みたいなもの)を書いてくるよう言ったり、挙げ句の果てには妊娠しているという疑惑をかけられ(一方的に決めつけられ)、父親なんて糞食らえ!くらいに思っていました。

 

 

いまでこそ笑い話ですが、それはそれはもうどぶ川に身投げしてしまおうと思ってしまうほどその当時は神経はすり減っていました。結果的に、いまわたしがこうしてブログをかけているのは、小さい頃にスイミングスクールに通っていたおかげ。

 

おそらく自分のことなので、いくらどぶ川に身投げした所で、クロールやなんかで容易に浮上して、ただどぶまみれになって家路につく姿が想像出来たため、実行にうつせず終わりました。

 

 

 

話がまとまるまで一悶着どころではなく三悶着くらいあり、なんとか無事に結婚することが出来、いまは実家とは数百キロ離れた所で気持ちのよい暮らしが出来ています。ホームシックのホの字もありませんが。あの頃踏ん張った自分に感謝です。本当に頑張ったよ、わたし。

 

 

 

そんな父親、距離が離れたからこそ、会えば前よりも自然に会話ができるようになってきた気がしています。私は中学生くらいから「早く親離れしたい、自立したい!」と思っていましたが、父親は色んな理由をつけて子離れしたくなかったんだろうなと思います。たとえ何歳になっても、親にとって子は子なんだろうな。

 

 

 

ちなみにもう父の日は明日に迫っていますが、今現在まだ何のアクションも起しておりません。

 ただ今年は、豆から挽いたコーヒーを飲みながら書斎に籠って作業しているので、美味しいコーヒー豆を送ろうと思っています。当日に着かないけど、別にいいよね・・・。たったこれだけですが、精神的に少し大人になれてきたかなという気がします。

 

今日はうみねこの父の日事情を綴りました。良い週末を。